ブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
仕事(38)
(5)
全般(153)
DCC(0)
野球(13)


最新エントリ
2009/08/15
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
今年の夏休みは山梨にある「とやの沢オートキャンプ場」へ行ってきました。ちょうどお盆だったので、道路が込むといけないと思い朝5時前には出発。しかし早すぎた。

中央高速は、予想したほど込んでいませんでした。先日の地震により東名高速が通行止めになっていたので、ものすごく混雑すると思っていたんですがね。

キャンプ場近くまで来たものの、時間が早くてチェックインできず、途中の道の駅で時間をつぶしたり、山中湖のほうへドライブしたりしてようやくチェックインできました。


オートキャンプのときは、必ずテントとタープの位置などレイアウトに悩みますね。(自分だけ?)達人になれば、風の向きとか、プライバシーとかを考慮してベストなレイアウトで設営するんでしょうが、私たちはそんなこと考えても答えが出るわけではありません。風の向き?そんなの変わるし...プライバシー?別にどーでもいいかって感じ。

適当に、端にテントを張って、その横にタープを立ててと...

1年ぶりの作業にしては割と順調に設営できましたよ。
汗はだくだくでしたが。



さてさて、今年のキャンプはザ・料理って感じです。

写真がないのが残念ですが、2日間で、餅ピザ焼いたり、ビーフシチュー作ったり、気合をいれましたねぇ。


特にビーフシチュー。この時期、ビーフシチュー用の肉ってあまりお店に置いてないそうで手に入りませんでした。小さめで適当なブロック肉で代用しましたが、そこはやはりダッチオーブン。肉はとても柔らかくなり、とてもおいしかったです。我が家の定番メニューになりそうです。

キャンプでの料理は、多かれ少なかれ失敗はしますが、失敗してもおいしいんですよね。飯盒でたいたご飯も焦げましたが、それもまた旨し。

息子の食欲が旺盛なせいか、2日間の飯は足らないぐらいでした。


二泊三日のキャンプでしたが、時間と食材が確保できれば、もう一泊したかった、そんな夏休みでした。
2008/08/19
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
8/17,18と1泊ですが休暇村裏磐梯キャンプ場に行ってきました〜。

S家と行くキャンプは今年で4回目???相変わらず1台の車で行ってますが、年々大きくなる子供たち、腹が出てくる親父たち、果たして今年も1台で行けるのでしょうか...

収納達人のS家のお父さん、朝6時に迎えに来てくれました。そこから、一旦荷物を車から降ろして、我が家の荷物と一緒に新たに積みなおすこと10分ぐらい、見事載りました。

当日は天気が心配で、前線が停滞していて予報は曇り。当初浄土平キャンプ場へ行く予定でしたが、急遽、休暇村裏磐梯キャンプ場へ変更しました。

途中、昼飯を食べ温泉に浸かるなどの寄り道をしたので、キャンプ場についたのは3時ごろだったでしょうか。子供たちに荷物をリヤカーで運ばせ、場所を決め急いでタープとテントを設営。年に1回程度の設営ですが、回数をこなしているので設営はテキパキとできましたよ。



今日の夕飯はカレーと焼肉。奥様たちが急いで支度をしました。カレー粉の塊は、小さくしてから鍋に入れることで調理時間が短縮できるそうです。後はご飯。子供4人、大人4人、四合の飯盒2つで準備しますが、ここで一旦お風呂。休暇村なので宿泊施設に移動し風呂に入ってきました。戻ってきて急いで火をおこしまずはご飯。2、30分でふっくらご飯出来上がりです。子供たちは相当腹ペコだったようで、あっという間にカレーをたいらげ、肉にも群がります。大人用に残しておいた高級な(笑)肉も、やつらに発見され焼く羽目に。





翌朝、子供たちが火遊びがてら火をおこし、昨夜の残飯を整理した後、しばし遊んで撤収。



撤収時もリヤカーのお世話になりましたけど、子供たちの発想力すばらしいです。大人じゃまず考えられません。



帰りは五色沼に立ち寄ったあと、途中の釣堀でマス釣り、その後鶴ヶ城へ。16時までの入館で着いたのが16時過ぎでしたが、係りの人が快く入れてくれました。

5層からなる鶴ヶ城は武器や戊辰戦争の資料、白虎隊の画などの展示があり、一番上には展望台があり会津若松を一望できました。




夕飯は、喜多方ラーメンを食しましたけど、会津のラーメン屋、終わるのが早いです。自分たちが食べ終わり店を出る頃、時間にして7時過ぎにはもう閉店でした。

その後、磐越から東北に入り家に着いたのは11時過ぎ、あっという間のキャンプでしたが今年も楽しかったです。

お疲れ様でした。
2007/08/17
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (12:09 am)
仕事が早く終わって久々のHP更新!!

ここ1ヶ月鬼のような忙しさに少し疲れ気味です。

今日は、いつもお世話になっている白石家と週初めに行った菖蒲ヶ浜のキャンプの報告です。

今週の月火と、中禅寺湖の畔にある菖蒲ヶ浜キャンプ場に行ってきました。朝は6時ごろ白石家に到着。早速荷物を積もうとしたけど、あれ?なんか多い気がする。大人4人子供4人、一泊の荷物とキャンプ用具、これを1台の車に詰め込むわけです。

何とか詰め込んだけど、車の後ろ全く見えません。(笑)それに重い...アクセル踏んでもなかなか前に進みません。


日光なので、東北道を宇都宮まで、途中、大谷PAで宇都宮餃子を入手。これ、スキレットで焼くと美味しいです。

宇都宮から分岐して一気に日光まで。何年か振りのいろは坂。ここでもなかなか前に進みません。ドライバーと車のリフレッシュ兼ねて途中で休憩。





その後、キャンプ場に直行。チェックインが13時とあったけど10時にチェックインできました。

湖畔に場所を取り設営。ほぼ1年ぶりの設営ですが、何とか手際よくできました。ただ、地中に石が多くペグがなかなか刺らないので苦労しました。

その後、辺りを散策、というか車で移動。華厳の滝にも行ってきました。



エレベータで地下100m降りるんだけど、涼し〜〜〜。滝も今の時期水量が多いそうで(毎秒3トン!)、マイナスイオンが出まくってました。


帰りエレベータから降りると、あぢ〜〜〜。たまらずアイスを...



その後、湖でボートに乗ったりして遊んだ後は120号を進み、竜頭の滝を通り越して湯元にある奥日光森のホテルで温泉に浸かりました。ここの温泉そんなに広くはありませんが、いい湯でしたよ。

その後キャンプ場に戻り、急いで夜ご飯。料理は定番のBBQと大谷PAで買った餃子、焼おにぎりなどなど。



今回は少し少なめの量で、完食でした。

夜はペルセウス座流星群。ここ日光は星がとてもきれいというか空気がとてもきれい。なので星もよく見えるというわけです。自分は初めて肉眼で天の川を見ました。



子供たちも、地面に寝そべり夜空を見上げてます。流星は明るいもの、暗いもの含めて30個ぐらいは見たと思います。





翌朝、マシュマロ焼いたり、湖でびしょ濡れになって遊んだりしましたが、楽しい時間はあっという間に...






地元大宮に戻って、清河寺温泉で温泉と夕飯。この日はとても混雑してました。

この温泉で汗を流し、もう、家に帰って寝るだけ、風呂入らないで済むぞなんて思っていたら、家に着いて車から荷物を降ろしただけで汗だくです。


白石様、今年もお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
2006/08/20
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
19、20日の1泊2日で白石家と六合村(くにむら)にある野反湖にキャンプに行ってきました。

2家族8名、車1台。必要最低限?の荷物でも車はご覧のように一杯です。


この車、上にキャリアを積んでいるんですがその中も一杯。さらに運転席以外も荷物が一杯です。そして、人間も8名。まあよくもこんなに入るなぁという感じ。
アクセルを踏んでもなかなか前に進みません。


朝6時過ぎに白石家を出発し、順調に関越を進み渋川伊香保ICで降りて国道をナビのとおりに進んだはずがなぜか狭い林道へ。去年と道が違うことに気が付きました。
そういえば去年は白石家のセレナだったけど、日産とトヨタでは案内する道が違うようです。

トヨタが案内した林道はとても道幅が狭く、対向車が来るとすれ違うのがようやく。さらに峠道のため、子供たちは気分が悪くなりついに...

峠を2つほど越えてようやく、昨年通った道にでました。幾分か近いような気がします。
そこから、六合村の道の駅まではわずか。道の駅で寄り道をして新鮮な野菜を仕入れ、そこからは野反湖へ20kほど。






途中、豆腐屋というところに立ち寄り、美味しい豆腐を食しました。



このざる豆腐、とても柔らかく最高に美味しかったです。生姜もピリッと辛く、その辛さと付け合せの胡瓜が上手く調和しています。


子供達はまだこの旨さがわからないので、豆腐のアイスです。



11時ごろ、キャンプ場に着きました。当日はフィールドフォークコンサートがやっていて駐車場もかなり混んでいました。

駐車場からはリヤカーに荷物を乗せて第2キャンプ場まで荷物を運びます。これがまたシンドイ。リヤカーは大2台、小1台の計3台にもなり、下り坂あり上り坂ありの道を押していきます。

ようやく第2キャンプ場に着き、テントとタープの設営。






それが終わり、2時半頃まで休憩して、道の駅にあった温泉に行きました。
リヤカーはこのとき受付に返します。

温泉は大人400円。地元の人は100円で入れるそうです。近くのお店やガソリンスタンドなどで割引券がもらえるそうですが、それを聞いたのは風呂に入っているときに地元のおじさんから。もっと早く聞いていれば...


風呂も終わり、キャンプ場に戻るとすでに6時ごろ。急いで火をおこし、ソーセージやら肉、定番の焼カレーなどでまずは子供の空腹を満たし、大人も酒を飲み、肉や野菜を食べているときに、雨が降ってきてしまいました。



雨は最初のうち、降ったり止んだりでしたが、最後はドシャ降りに近い降り方で、急いでタープの下へ火を移動しましたが、鉄板の上は雨水がたまったり、デジカメはびしょ濡れ、ティッシュやダンボールなども濡れてしまい、使い物にならなくなってしまいました。
せっかく温泉に入ったのにパンツまでビショ濡れです。



夕飯のメニューは、パエリア、ポトフ、焼カレーなど。

パエリアは白石さんの奥さんの力作です。




結局夜は雨が降ってしまい、疲れていることもあり、12時ごろ就寝しました。

翌日は朝早くから釣り。餌はイクラとぶどう虫。2時間ぐらいかな、頑張ったんだけど、釣果はあきとくんの3匹だけ。



子供たちは糸を絡ませたり、餌を付けてくれといってきたり、親は結構大変だった。




その間、かみさんたちは火を熾したり、パンの生地を作ったりして、準備ができた頃に迎えに来た。

朝飯は少し遅めでお昼を兼ねたのでかなりの量。



子供たちはパンを焼くのがとても楽しいようです。
火に近付けすぎて焦がしたりしてましたが、それでも美味しいといって食べてました。





2日目は15時ぐらいにチェックアウト。
(ここのキャンプ場はチェックアウトの時間が決まってません。)

帰りは草津の大滝乃湯へ。昨日に続きです。
草津の湯はとても熱く、50度を超える風呂もありました。



ここの風呂は合わせ湯がありますが、丁度男性の時間帯だったようで入ることができましたが、5つのうち、1つしか入れませんでした。あとの4つは熱くて熱くて。頑張れば2つ目も入れたかもしれませんが、3つ目以降はとても無理。




今年のキャンプもあっという間に終わってしまいました。
さて、来年は白石家の長男けんと君が中学生になります。来年はキャンプにいけるのでしょうか?
2006/05/05
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (6:00 pm)
5/3から2泊3日でメープル那須高原キャンプグランドというところに行ってきました。

2,3年前にオープンしたところで、カーナビには載ってなく、かなり迷いましたが、場所は那須ICで右折して、街道をしばらくいったところを左折すると看板がありその案内通りにいくとたどり着きます。



朝、5時に家を出たんですが、忘れ物をしてしまい、結局6時に出発できました。東北道は朝1時間違っただけでかなり車が増えていて、結局キャンプ場に着いたのは12時前でした。

早速、テントとタープを設営。約1年ぶりなのでタープの設営の仕方、忘れていて、かなり手間取りました。


サイトは、10×15mと割と広く、設置スペースをあまり考えずに設営できました。よく10mもない区画がありますが、そういうところに比べるととても広く感じます。また高さ1m位のところで木が切ってあり、タープのロープをそこに結ぶとタープ自体が広がり開放感が得られます。

暫くゆっくり休み、夕方からピザ作りをしました。
生地をとても薄くするので焼く時間は1分もかかりません。自分は、昔同じような経験があるのですが、他の2人は初体験なので生地を伸ばすのに苦労してました。(なかなか丸くできません。)






きれいな丸にはなりませんでしたが、自分でトッピングをし、かまどで焼いたピザは、とても旨かったです。
(家にもかまどが欲しくなった。)


初日の夕飯は、鉄鍋煮込みラーメン、餃子(宇都宮餃子です。途中で買ってきました)、ライス。そして焼き豚。(キャンプでなくても食えるだろうがという声が聞こえてきますが...)


鶏がらスープを作り、温めているところ。(火力調整担当れいじ)


焼豚。(とても柔らかくできました。)


飯盒でご飯を炊く。(初めてにしてはとてもふっくら。)

餃子は少し焦がしてしまったけど、まあ、よくできたほうでしょう。


初日は、あっという間に夜になってしまいました。この時期の那須の夜は少し寒かったです。焚き火をして暖をとりました。

(焚き火担当れいじ)


2日目の朝、鳥のさえずりで目が覚めました。(気持ちいい。)朝食は、簡単にホットケーキ。よその家族には、いろいろ手をかけて作っているところもありますが、やはり手軽さが一番でしょう。


お昼前にニジマス釣りをしました。以前にも海や湖へ釣りに行ったことがありましたが、れいじはまったく釣れず、今回は絶対釣ると張り切ってます。

竿を入れて暫くすると、れいじの竿に当りが...


30cm弱の大物釣り上げました。
あのぐいぐいという竿を引っ張られる感触、れいじもびっくりしたようです。
結局3尾釣って、早速塩焼きして食することに。

(さばき担当パパ。れいじに伝授。)




夕方、キャンプ場主催のビンゴゲームがありました。林家は、Tシャツと、キャンプ用の皿、カップを珍しくゲットしました。ビンゴって当たったためしがなかったので...嬉しかったです。

今回の目玉商品は、コールマンのチェアだったのですが当たりませんでした。しかし、ビンゴカード1枚300円なので、十分元を取りました。


ビンゴゲームが17時ぐらいまでかかり、急いで夕飯の支度をしました。
夕飯は、焼カレーと肉。
今回のカレーは、いつものカレーマルシェではなく、ペッパーステーキカレーを使いましたが、まあまあ旨かったです。


この日の夜も焚き火で遊びました。(あ、れいじ担当です。)

昨日今日と火遊びをし、れいじのおねしょが心配でしたがもちろん大丈夫でした。
(火遊びとおねしょって本当に関係あるのかな?)

最終日の朝はやっぱりシンプルにホットドッグです。パンを温めて、ウィンナー焼いて10分ぐらいでできます。デザートにイチゴも食べました。



なんか、今回のキャンプは、食べてばっかりのような気がしました。家に帰って体重計に乗るのがとても怖いです。

れいじは今回のキャンプで、火の熾し方や、魚のさばき方などが勉強できてとても有意義だったのではないでしょうか。

学校の勉強も大事ですが、こういう経験は、もっと大事だと思いました。

2006/04/30
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (9:50 pm)
明々後日に2泊で那須のほうへキャンプに行きます。
今回でキャンプ3回目になります。

食材は前日に買うので、今日明日で、メニューを考えなければなりません。
まだ、それほど回数をこなしていないので、料理のレパートリーも多くなく、ちょっと困っています。

夜だけならまだしも朝や昼もあるし、かみさんと子供は料理の本をみてあれが食べたい、これが美味しそうと無責任なことをいってます。

数少ないレパートリーは、焼カレー、ポトフ、ローストビーフ。

この中から1つと、新しい料理を2つぐらい挑戦することになりそうです。
2006/04/27
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (9:50 pm)
去年からキャンプをはじめています。道具も一通り揃え(林家は道具揃えからはじまります)去年は二回ほどキャンプにいきました。

まだ十分に元をとっていないとかみさんが言っており今年はなんとゴールデンウィークの5/3から2泊で行くことになってます。たぶんキャンプ場は激混みでしょう。

自分的にはだーれもいないところでキャンプをしたいのです。だってまわりをみるとみんなコールマンのテント、タープ、バーナーの緑一色です。自分もその内の一人なんですがそう思われるのが嫌で誰もいないところでキャンプをしたいわけです。

コールマンのあの緑色がなんか私初心者ですって言っているようでタープだけは違うメーカーにしました。

あと一週間で料理も考えなくちゃならないし、うーん。

2泊なので夕飯が2回。またカレーかな。
2005/11/07
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (8:20 am)
キャンプ料理のレパートリーがまだまだ少なく肉系が主流だったのでポトフにチャレンジしました。
もちろん、ダッチオーブン使います。

作り方はとても簡単。
豚肉のブロックを少し大きめにきり、水から煮込む。
一度、沸騰させてあくをとり、水でよく洗っておく。

長ネギは5センチぐらいに、大根は2センチぐらいに切ったあと更に半月切り?に、
ごぼうは3センチぐらいにしておきます。
じゃがいもと人参は洗うだけ。
ソーセージは何もせず。


これで準備完了。


あとは、ダッチオーブンにソーセージ以外の具材を投げ入れ、水をいれます。
だしの素をいれ(今回は和風のだし。コンソメでもOK。)
ふたをして30分ほど煮込むだけです。

しばらく煮込んだら、ソーセージを入れます。
竹串で、じゃがいもやごぼうなどの具材を突っつき、柔らかくなっていれば、調理完了。

とても旨くできました。

今度、キャンプでも試そうかなと思ってます。

写真わすれた。
2005/10/24
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (8:10 am)
今日の朝日新聞のスポーツ欄。

埼玉ダービーと書いてあったが、さいたまダービーの間違いです。
埼玉版のページにはちゃんと、さいたまダービーと書いてあるのに...
しっかりしてほしいな->朝日新聞

朝日新聞って、アルディージャやレッズなどと協賛して、スクールみたいなことやっているのに...
http://www.assc.jp


読売新聞は、ちゃーんとさいたまダービーと書いてあった。
2005/08/25
カテゴリ: キャンプ : 

執筆者: haya1992 (8:00 am)
21から23日にかけて、野反湖へキャンプに行きました。
先週の打ち合わせの通り、2家族、車1台です。朝、白石家が迎えに来て、車に荷物を詰め込み(後ろのスペースには入りきらず、2列目や、助手席の足元にも荷物が...)、いざ出発。
川越から渋川伊香保まで関越を走り、途中で野菜を仕入れ、まずは、尻焼温泉へ。

尻焼温泉にはだいたい10時過ぎに到着。午前中なのに結構入浴している人がいました。ここは、川なのですが、温泉が湧き出ていて、みんな水着をきて入浴しています。
中には、自信があるのか裸族もいます。(女性は目のやり場に困る。ただ、女性の裸族がいないのは残念。)


昼前になり、近くの民宿で昼飯。子供たちは飛んできたオニヤンマを捕まえたり、結構楽しそう。


そこから、少し奥へ走り、野反湖のある六合村へ。(クニムラです。ろくごうむらではありません。)
この日は、雲が多く、景色は今ひとつ。

湖を挟んでキャンプ場の反対側から記念撮影。


キャンプ場へ着き、荷物を乗せたリヤカーを引いて10分ぐらい。テントを張るエリアに到着。フリーサイトなので場所は先着順。適当な場所に荷物を降ろし、タープ、テントを設営。
荷物を整理したり、テント内の寝床を準備したり結構時間がかかります。


夕方になり、男たちは火をおこし夕飯の準備をします。

今日の夕飯は、キャンプ定番のBBQと林家定番の焼カレーです。ご飯は飯盒で炊きました。焼カレーは子供たちに人気で作ってよかったです。子供たちから「また作ってね」と言われるほど。

お腹がいっぱいになった後は花火。


ここ野反湖では打ち上げ花火は禁止なので線香花火などで夜遊びをしました。しかし煙が大量にでて、周りに迷惑をかけたかも。でももっと迷惑なのは、禁止している打ち上げ花火をしている連中。(マナーを守れ!)

大人たちは、子供をさっさと寝かせ、さらに火遊び。といっても焚き火。8月といえ野反湖の夜は少しひんやり。短パンだったけど、焚き火のおかげでちょうどよい。明日は早起きして釣りでもするかと思いながら、キャンプ初日の夜は更けてゆく。


翌日朝早く子供たちを連れて釣りにいった。

餌釣りではなく、ルアーで連れるということだったのでしばらくルアーで釣ってみたがあたりはなし。子供たちは、釣れなくてもルアーを投げたり、巻いたりするのが面白いらしい。近くに大きな鯉がくると、近くにルアーを投げ、巻くの繰り返し。(ルアーで鯉が連れるか?)
1、2時間ぐらい遊んだ後で、朝食の用意ができたとお迎えが来たので、急いで後片付け。みんな夢中になっていたので時間がたつのも忘れ、お腹がすくのも忘れていたようです。

この日の朝は、夕べの残り物とパン。パンは、生地からつくりました。

できた生地を竹の棒の周りにつけて、火の中に入れます。火の中に入れるといっても、そのままでは火力が強く、すぐ焦げてしまうので、少し距離をおいて、焦げ目がついたら、裏を焼きます。多少、焦げて黒くなってもお構いなし。

ウィンナーを入れたパンなどはやはり子供に人気です。でもパンだけでも本当にうまかったなー
このほかには、目玉焼きや、昨日の残り物を焼いたり。
デザートは、野菜を仕入れたところで買っておいたスイカ。
お約束どおり、種のとばしっこ。


結局食べ終わったのはお昼前ぐらいになってしまいました。

さて、この後は撤収をして中沢ヴィレッジへ。



中沢ヴィレッジは、草津温泉のベルツの森にあり、温泉やプール、ボーリング、アーチェリー、卓球などで楽しみました。他にもいろいろな施設があります。サイクリング、ビリヤード、パターゴルフにテニスコート。
草津(932)だけあって、93万2千円で会員になることができるそうです。


たくさん遊んで疲れたのでしょう。子供たちは、横になるとあっという間に深い眠りについてしまいました。(1名を除きます。)

(1) 2 »

ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワードを紛失したら

登録する
«  «  2017 11月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
最近のトラックバック
せたっぴのおうち
大宮アルディージャ
ジャクパ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
フィールアットイーズ
15 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

e-mail はこちら Copyright (C) 2005-. Haya1992.net All rights reserved.