ブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
仕事(38)
(5)
全般(153)
DCC(0)
野球(13)


最新エントリ
2009/08/29
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
先週と今週、大宮ライオンズカップてのがありました。
たぶん、旧大宮市の中学サッカー部と大宮のクラブチームとの大会だと思います。中学2年生の大会なんだろうけど、大宮FCはU13で参加しています。


先週は、どこかの中学に1回負けて、グループ2位となってしまった大宮FC。今週は太平?(泰平?)中も負けてしまいました。

やはり、中学になると1年の差は大きいかななんて思います。ディフェンスの裏にボールを出されて走りこまれGKと1対1になっちゃうケースが多くあり、失点もかなり多かったです。



3年生になって結果がでていればよいので、今のところ、勝ち負けには全くこだわっていません。



この2週間、中学の部活との試合でしたが、顧問の先生達、ひどかったなぁ。試合中怒鳴りまくりだもん。あれじゃ、中学生萎縮しちゃうよなぁ、と感じました。もちろん、すべての学校の顧問がそうじゃないんだろうけど...
2009/08/07
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
大宮FCの練習は、平日が土呂公園、週末は西遊馬や宝来です。夏休み前にはそれほどとも思わなかったんですが、夏休みになって、西遊馬や宝来での練習が増えてくると、気になるのが交通費。七里駅から大宮駅そして指扇駅へと往復で結構な金額になります。


それを察してかどうかわかりませんが、先日チャリで行くと。
仲良くなった友達と一緒に行くと言い出しました。

片道約15Kもあります。往復で30K。最近走らなくなったし、よいトレーニングになると思いOKを出しました。

ただし車には気をつけろよ。

まぁ、親としては金より無事故なのが一番です。

今日も、じゃ行ってくると元気に家を出たと思いますが、日本橋の駅で息子から電話。


道に迷うことはないはずだし、ちょっと嫌な予感がしました。


「指扇の交差点で車とぶつかった。」


大宮西警察の人も来てるらしい。


とりあえず電話で無事を確認しましたが、チャリが少し壊れたらしい。


運転手は「大丈夫?」と子供たちに確認をして、子供達が大丈夫だと言ったため、その場から立ち去ったそうですが、近くで事故を目撃していた人が「警察に電話しなさい」と。


話を聞いた限りでは、逃げたわけでもないので「当逃げ」にはならないのだろうけど、チャリ弁償してほしいよな。


まぁ、親としては無事故の次に金なのかな?
2009/06/13
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (5:31 pm)
今日はゼブラとの練習試合があるというので、西遊馬に行ってきました。
息子は、ゼブラにお友達が3人います。うち2人はジャクパの子。


くじで1番手となった試合は1−7でした。まるで相手になりません。完敗でした。それでもうちの息子、DF2人に囲まれながらも、振り切ってゴール決めましたよ。なんか相手が強いと点を決めるイメージがあります。って全くの親バカもいいところ。

もっとも、ゼブラのセレクションは落ちてしまったので、今朝出掛けるときに絶対に見返してこいよとハッパをかけたのが効いたのでしょうかね。

かなり点差は開いていたものの、親的には見事なゴールでした。



午後、息子と分かれて、宝来Gへ行くとそこには武南とグランデが練習試合をやっていました。ここにも知り合いが2名ほど...


今日は久々にサッカー仲間の人たち数名と懐かしい再会でした。今度会える日はいつかな?と、そして絶対まけるなよ。
2009/05/03
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
見に来るなといわれても、やっぱり見に行きたくなります。
星明子みたいに、木の陰から隠れて見ようと思いましたが、ここは西遊馬。隠れるところなんて全くありません。


久しぶりに見る息子のプレーは、ちょっとというか、かなり変わってました。ポジションも変わったこともあるでしょうけど、小学生の時には決して自分からボールをもらうことをしなかったんですが、スローインのときに自分からスペースに動いてボールを要求したり、プレーが積極的になりました。



また、ボールを取りにサイドへ走った後すぐにターンしてゴールの方へ向いたり、ボールをもらう前にスペースを捜すために何度も周りを見たりと、変貌振りにびっくりしてしまいました。


家に帰って、白々しく、「今日はどうだったの?」と聞くと
「見てたくせに」と。

やっぱり西遊馬は隠れるところがありません。
2009/01/13
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (9:19 pm)
11、12日は、息子の小学校時代の最後の公式戦。もちろん気合が入ってましたが、いかんせん膝の調子が悪く、本来の調子からは程遠く見ているのがとても辛いです。走るのも痛そうだしボールも蹴れなくなってしまいました。

息子のチームは勝ち続け、今現在ベスト4。あと2つ勝てればさいたま市北部の一番上。最後の大会なので息子云々ではなく優勝してもらいたいです。

さて、サッカーの大会では父兄が審判をやることが多く、今回も例外ではありません。さすがに準決勝以降は、北部の審判部がやってくれるのですが、1回戦から3回戦までは父兄がやることになってます。


自分も3回戦の審判をやることになりましたが、コイントスで第4審判をやることになりました。第4審判は、スコアの記録や選手交代などを担当しますが、まさか第4審判なんて思っても見なかったので、眼鏡を用意してませんでした。ゴールを決めた選手の背番号、遠くからだとよく見えなし、混戦のなかのゴールは本当に判断しずらいです。まぁ、試合終了後に主審に確認すればOKなんですが。


この大会、卒団大会ということもあり、6年生中心と思いきや、5年生とか出しているチームもあれば、もともとそのチームではない子が出ていたりするんですよね。まぁそれは、それぞれの団の方針があるんでしょうから、口を出すことはご法度。

でも、こんなことを耳にしたらちょっと考えさせられました。それは、第4審判をやっていて、後半残り2分での出来事。

ベンチから、子供がやってきて「XX番と交代です。」と。その子はその後、「あと何分ですか?」と私に聞きました。

たった2分、果たしてボールを触ることができるか...

思わず

「残り2分、頑張れよ!」と。

前半で大差がついていたので、後半からでも出してあげればいいのにと思いましたよ。

(口を出すことはご法度といいながら、口じゃなくて文章だから、まぁいいっか)



さてさて、25日は準決勝、決勝と祝勝会(笑)が待ってます。
2009/01/02
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (11:18 pm)
正月早々大会ですよ。彩の国さいたまCUP。

春岡FCがもともと参加していた大会でしたが、年々レベルが上がってきて単独チームじゃ歯が立たないということで、春岡、南ウイングス、コスモス、七里の4チームからの選抜で戦いました。(春岡のユニホームですよ)




しかし、やっぱり所詮連合?チームワークをまとめる時間もなく、バラバラ、チグハグな状態。2試合やって2連敗。しかも1−6、0−5...

完敗です。正月早々乾杯ならいいのですがねぇ。

いやいや、我が家の場合、今大会は試合の結果や内容は全く問題にしていません。なんせ怪我からの復帰戦ですからね。40分戦えるか、戦った後、膝に痛みがないか、それが心配だったんです。

試合も1試合目、前半10分ぐらいからの途中出場ながら最後まで、2試合目は40分間フル出場と予想以上の出来でした。これで明日痛みがでなければいいのですが、今のところ大丈夫みたいです。


この調子で卒団大会も頑張れればと思ってます。


さぁ、明日も彩の国さいたまCUP。ペケ決定戦を応援してきます。(笑)
2008/12/23
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (9:46 pm)
内側側副靭帯損傷の影響ですっかりサッカーから遠ざかって...と思いきや、家の中では小さなボールを転がしたりと安静にすることができません。

何度か医者に行きようやくOKも出ましたが、暫くの運動不足が続き、筋力も衰え気味。そのため、従来からのオスグッドがひどくなってしまったようです。

医者からOKが出た時点でサッカーの練習に参加しましたが、今度は左の膝がいうことを利かなくなった様子。もう正座も出来ない状態。こりゃまずいということで、いろいろググってみるとこんなところを発見しました。

最初は、どうせなんだかんだ言って高い器具を買わされたりするんじゃないかとか、体験談なんて嘘っぱちなんだろうとか、不信感いっぱいでした。

しかし、藁をもすがる気持ちで、尚且つ、絶対に買わされないぞと(笑)月曜日にかみさんと息子が行ってみると、あれあれ???痛みがほとんどなくなったようです。ちゃんと正座もできるようになりました。体もだいぶ歪んでいたようで、矯正してもらいました。

今まで炎症止めや痛み止めの薬を飲んだり、低周波だとかいったいなんだったんでしょう。さすがは東洋医学?ただし保険適用じゃありません。




翌日の火曜日も痛みがなかったので、NACK5スタジアムで行われたアルディージャのサッカー教室、行ってきました。

久々に走る息子の姿はどこかぎこちなく、まだまだ50%ぐらいの回復ぐらいといったところでしょうか。今年からコーチになった奥野誠一郎に教わり楽しそうでした。羨ましすぎるぞ(私、奥野好きでした)


午後痛みが出たら七里の練習も見学させようと思いましたが、本人も大丈夫とのこと。激しいぶつかり合いは見ているほうがハラハラしましたが、本人はへっちゃらみたいでした。


練習中の休憩や終わった後は膝のアイシングと今まで以上に体に気をつけるようになり、今回の怪我は相当堪えたようです。


まぁ、親もかなり反省。。。成長期に無理に練習させたりとか、今考えると本人がやりたいと言っても止めるべきだったし、本人が疲れたといったら休ませることも必要でした。
オスグッドは基本的に体の硬い子がなるようで、そこらへんを十分考慮する必要がありました。あと練習後のケアですね。疲労した筋肉を十分ほぐしてやる必要もあったかな。


子供なんか一晩寝たら大丈夫と思うのはどうやら大間違いのようです。
2008/12/21
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
大宮アルディージャの23番、金沢慎。FC七里の卒団生ということは知る人ぞ知る。というか、FC七里の人は(たぶん)誰でも知っている。


去年の正月に行われた初蹴りにホームグランドで子供達とサッカーをしたりプレゼントをくれたりしました。来年の正月はキャンプのため参加できないそうで、なんと日曜日に七里小に来てくれました。



うちの息子、練習は怪我のため見学でしたが、一緒にサッカーしたかったと思います。

去年は東京ヴェルディにレンタル移籍中(アルディージャ復帰は決定していた)で、ヴェルディのユニホームやらソックスなどがプレゼントでした。しかも6年生優先ということでユニホームなどは上級生がゲット。かろうじて息子も貰えましたが、なんとソックス、しかも片足でした。


今年は、その最上級生。当然優先されます。10人いる6年生のうち3人がお休み。残る6年生でくじを引き順番を決めましたが、息子ドン尻です。(ことごとくついてない)


でも最後に残っていたユニホーム、ゲットできました。しかも今年のバージョン!!残り物には福があるねぇ。



最後子供達と一緒に写真でもと思いましたが、しまじろうのクリスマスパーティがあるそうで足早に帰ってしまいました。ちょっと残念ですが、やっぱり家族優先でしょうか。

その様子はこちらに書いてあります。
2008/12/07
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
こうやってブログを書くのは本当に久しぶり。なんと11月は書いてませんでした。1ヶ月以上の間、いろいろありましたよ。今日はまとめて書きたいと思います。


さてさて11月8日、9日とヴェルディレスチ招待の大会に茨城の神栖に行ってきました。10数チームが集まって、結果的には5位。クラブチームが多く参加したレベルの高い大会でした。その参加チームになんとジャク○東京がでていました。ジャク○東京は東京の選抜チームで、12月のジャク○カップに出てくるであろうチームの子がいると思われます。当然ながら偵察をしてきました。子どもたちへのヒアリング込みでね(笑)...

まぁそれにしても、クラブチームは強いですね。スピードもあるし技術もある。教え方が違うんだろうし、人数も多いから競争原理で強くなるんだろうと思います。

そういえば、この大会で七里のAチームは解散。6年生は単独行動になりました。


翌週の15日は南関東プリンスリーグ。6年生だけしかも10人しかいません。どうなることやらと思いましたが、柏レイソルの5年生相手に0−1の惜敗。10人で戦った割には、まぁまぁの出来じゃないでしょうかね。この試合、息子も前(FW)やったりしました。今後に向けてよい経験でした。


次の週、22、23日は桶川べに花杯。初日はリーグ戦でしたが得失点差で2位抜け。2日目は、トーナメントの準決勝で負けてしまいましたが、この大会は南関東プリンスリーグに続いてさまざまなポジションを経験。やってるほうは一生懸命なんだろうけど、見ているほうはハラハラドキドキ。笑いありの楽しいサッカーでした。おまけに3位決定戦をものにし、銅メダルを獲得しました。子どもたちも非常に楽しかったんじゃないかなと思います。


さて問題の29日...

見沼カップに参加している春岡FCが毎年正月の大会に出ていたそうですが、年々レベルが上がってきてしまい、単独チームでは歯がたたないので、見沼カップ幹事の4チームでの選抜で望みたいという要望があり、この日に合同練習会というセレクションが堀崎グランドで行われました。セレクションも最後のほうになりミニゲーム。息子がシュートしたと思ったら急に倒れました...


午後急いで病院にいくと、内側側副靭帯損傷...


「回復にはまだなんともいえないが一般的に2Wぐらい」という診断。月曜日にもう一度診断してはっきりとわかるということでした。


その後、急いでジャク○の練習に顔を出し、先生に症状を伝えました。場所が場所だけにジャク○カップは諦めざるをえません。先生も無理はさせられないと。


この大事な時期に怪我をしてしまい、親も本人もショックでした。ジュニアユースのセレクションもあるのに...


さてジャク○カップ...


最初は遠いし、朝早いし行くのどうしようかと思い、息子に確認したところ、「応援に行く」ということなので自分と2人で朝早くよみうりランド近くのヴェルディのグランドへいきました。


開会式の最中、息子がまた倒れました。今度は膝ではなく貧血。
何とか保護者たちがいるところまで連れてきて横にしましたが、ちょっと心配です。鉄分が足りないのか、あるいは、なんかの病気か。
このときとばかりに食生活の事、息子に言って聞かせました。「好き嫌いなくなんでも食べろ」と。(鉄分不足という前提で...要は野菜とか魚とかバランスよく食べろよという意味ですよ)

横になったままの息子は予選はベンチすら入らずです。


さて試合のほうは、参加チーム数やグランドの広さの関係で10分ハーフです。予選は3チームによる総当りの2試合。息子が所属する”しま”チームは危なげなく1位抜けしました。

そして決勝リーグ。息子は回復しベンチで応援。

初戦は優勝候補の若竹。このチームからジャク○東京に何人か というか多く選出されてます。案の定、試合は終始押されっぱなし。自陣コートでの試合時間が圧倒的に多く、シュートは1本しか打たせてくれませんでした。しかし相手のゴールもなし。0−0の引き分けでした。試合時間が20分なら完敗といったところでしょうか。

若竹は2試合目、結果3−0で勝利しましたが何度もゴールを外してました。”しま”が最後の試合4−0以上で勝てば優勝です。前半1−0でしたが、点を取るのはそんなには難しくありませんでした。結局5−0で勝利。得失点差ながら見事に優勝しました。

息子は4年生のときにも優勝しているので2回目ですよー。


閉会式も終わり、子どもたちは「祝勝会で焼肉を食べたい」と言ってましたが、我が家の場合、家で夕飯を作っていたので、そのまま帰宅。みんな行ったのかは?です。ま、日を改めて行うんじゃないかな、と思います。


さて、長い一日も終わり帰りの車の中で、今日の貧血のこととか、話をしました。

「やっぱりな、丈夫で健康な体を作るためにはバランスよく食べること、好き嫌いをなくすことが大事なんだ。今日倒れたのは鉄分が不足してるんだぞ」と。

鉄分を採るには何を食べればいいのかと聞いてきたので、

「レバー!!」

と教えたら、息子の顔が急に変わりました。

「だったら、今日焼肉でよかったじゃん!」
2008/10/13
カテゴリ: サッカー : 

執筆者: haya1992 (11:50 pm)
日曜日に行われた秋季大会1,2回戦。相手はともに浦和勢。6−0、5−0と圧倒し、勢いつけて望んだ3回戦の相手はやはり浦和の上木崎。

終始優勢に展開してきたけどゴールを割ることができず、無念の0−0、そしてPK戦へ...

2−3で負けました。GKを始めて数ヶ月のキーパーとてもがんばって2つも止めたんですが、6年生3人外しました。もちろんうちの息子も...

息子はセットプレーでもヘディング2本外していたのでかなりのショック。試合が終わってもうつむいたまま。帰りの車の中でもうなだれて...


「今日は午後からジャクパがあるぞ」なんてとても言える雰囲気ではありませんでした。(笑)

親としては、違う仲間とボール蹴って忘れて来たら?と思いましたがさすがにねぇ〜。



「塾あるよ」とかみさんに言われ夕方チャリンコで出て行きましたけど、やっぱり忘れるにはサッカー以外でということかな?

(1) 2 3 4 ... 17 »

ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワードを紛失したら

登録する
«  «  2017 12月  »  »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
最近のトラックバック
せたっぴのおうち
大宮アルディージャ
ジャクパ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
フィールアットイーズ
19 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

e-mail はこちら Copyright (C) 2005-. Haya1992.net All rights reserved.