ブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
仕事(38)
(5)
全般(153)
DCC(0)
野球(13)


最新エントリ
2008/02/04
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (8:41 pm)
我が家のPCの置き場所は、事情により食卓のテーブルの上にあります。もちろん、食事のときはどかしますが、それ以外のときはテーブルの上にあります。

印刷はプリンターを持ってくるか、ノートPCをプリンタのところまでもって行きます。

昨日、かみさんとDVD鑑賞しようとプレステにDVDを入れましたが、

ディスクが読み取りできません。


と表示されたので、DVDの記録面をみると、ちょっと傷がありました。じゃぁ、PCでは見れるかな?と思い、食卓のテーブルの上にあるノートPCの電源を入れようとしました。

(PCで読めれば複製すればいいので...)


とその時、手が花瓶にあたり倒れてしまい、中の水がこぼれてPCにかかってしまいました。


とっさに電源を切りましたが、ノートPCなのでバッテリーモードになりやがって、なかなか電源が切れない!!


なんとか電源が切れましたが、さて、無事だったのでしょうか?


見つけた水滴は全部拭き取ったのですが、やはり精密機器なので、水とかは大敵です。

今晩、恐る恐る電源を入れることになります。
2006/09/26
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (11:57 pm)
Google Earthを使用すると地球上のどこにでも行けるらしい。

例えば、日テレのダッシュ村。いままで、どこにあるのか公開されていなかったが、このGoogle Earthを使用すると福島県にあるのが分かってしまう。



この前、このGoogle Earthをインストールして試しに自分の家を探してみると...発見!!
しかもかなり拡大できる。

映画では走っている車のナンバーも分かるぐらいズームできるものもあるが、このGoogle Earthではそこまでのズームはないけれど、車が走っているぐらいのズームができる。

ただ、一つだけ残念なことは、ちょっと写真が古いだけだ。
2006/02/22
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (9:40 am)
以前から取り組んでいた音声認識のプログラムがほぼ完成し、先日、某大手メーカーの部長さんにデモをした。

ひと通り機能を説明した後、実際に会話でプログラムを動かした。従来のプログラムと異なり、マウスやキーボードを一切必要とせず、音声によりすべての制御を行う。

部長さんは、かなり興味を示したらしく、自分でプログラムを動かしていた。かなりの時間動かしたあと、満足したらしく、是非これを評価させてくださいとのこと。

今までは、お客さんに音声のシステムを説明してもなかなか理解してもらえず、必ずデモをする必要があったそうで、そのデモプログラムを作るのにえらい時間がかかっていて、割りに合わなかったらしい。

今回デモをした音声認識のプログラムは、汎用的に作ってあり、定義ファイルを読み込ませると、その設定に従い画面が表示されるのだ。もちろんPDAとの会話も定義ファイルに設定されているので、さまざまな業務アプリケーションを作成することができるのである。定義ファイルを作成するためのプログラムも作成してあるので、1つの業務アプリケーションを作成するのは、ほんの1時間もあればできてしまう。


今回は納品ではないので、契約とかの話はなかったが、今後、こちらの都合のよい契約にしなければ...
2005/12/17
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (7:30 am)
今日で1つの仕事に区切りがついた。

今まで、
1横浜でのシステムの改修作業
2音声認識
3e-ラーニング
4秘密プロジェクト
の仕事をしてきたが、1の仕事が今日でほぼ終わった。

4の仕事は長いスパンなので来週からは主に2と3の仕事となる。

これで少しは楽になるかなぁなどと納品に行った横浜の帰り、
会社から携帯に電話があり、サーバーのハードエラーが発生しているとのこと。(ディスクIOエラー。)

参った。
今日は早く帰ろうと思っていたのに...
2005/12/10
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (8:30 am)
今年の新入社員にプログラムを作らせた。彼は専門学校卒業で、まあまあ出来るほうである。プログラムができたころ、プログラムが論理的に正しいかをテストするために、いわゆる単体テストの計画書を作らせた。

プログラムの規模は小さいので単体テストの計画書を作成するのにはそれほど時間はかからない。単体テストの計画書のレビューで、
「ねぇ、ここでフォルダを作成するよね。もし、そのフォルダが存在していたときの試験が抜けているよ。」
「あっ、はい。」

「それと、フォルダを作成するときにエラーが発生したときの試験も...」
「あっ、はい。」

と、レビューはボロボロである。まぁしょうがないか。と内心思っていた。
「それじゃ、レビューの結果、計画書に反映してから、試験してね。」
「あっ、はい。」

しばらくすると、その新人君がやってきた。
「あのー、林さん、フォルダを作成するときのエラーなんですけど、存在しない場合に作成するのでエラーが発生しないんですけど。」
「えっ?、そんなわけないでしょ。それじゃ、どんな場合でも作成できちゃうわけ?」
「...」

「たとえばさぁ、書き込み禁止のフロッピーにフォルダを作成するときってエラーにならない?あとCD−ROMとか」
「あっ、はい。」

「ねっ、そうやって試験して!」

盲点だったと言わんばかりの顔をした新人君はようやく、試験を始めるのだった。
(少し考えれば分かるだろうに...)

暫くして、新人がまたやって来た。
「あのー、林さん、フロッピーを書き込み禁止にするのって、どうやるんですか?フロッピーのプロパティを見てもそういうのがなくて...」

「...えっ?、△×□?!〜&=#、知らないの?」
「あっ、はい。」

「ここをね、こっちにずらすんだよ。」
「あっ、はい。」

暫くして、新人がまたやって来た。
「あのー、林さん、今度はフォルダがないのにフォルダが存在しますというエラーがでるんですけど...」
「えっ?、そんなわけないでしょ。どれどれ?」
「このProgra~1というフォルダを作成しようとしているんですけど...」

「ねぇねぇ、DOSって知ってる?昔ね、ファイル名は8文字、拡張子は3文字までしか付けられなかったんだけど、その名残でね、Program FilesというフォルダはProgra~1になるんだけど...」
「DOSって何ですか?」
2005/12/02
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (8:30 am)
先日の打合せで府中に行ったときに音声認識のプログラムを実行させるPDAと開発キットを借用できた。今回、初めての音声プログラムということで先方の担当者に2つほど質問をしてみた。

Q1:日本語が表示されないんですけど...
A1:開発環境は英語版しかありませんが、PDAで動かすとちゃーんと日本語表示できます。

Q2:開発環境で音声のテストできますか?
A2:テストはPDA上でないとできません。

1番目は気がついていたが、もしかしたら日本語の表示方法を知っているかもという気持ちで質問してみた。2番目は非常に厄介なことである。

というのも普通、プログラムを作成するときは、プログラムコードを入力して、コンパイルし、論理エラーがなければ、コード1行1行を実行させて(ステップ実行という)、すべてのコードをチェックする。ここでエラーがあれば、コードを修正し、また、最初からステップ実行。その間に、変数の値が正しいかどうかなどを確認しながらテストをしていくのである。

すべてのコードの実行が終わったら、テスト仕様に基づきテストを行い、異常がなければ複数のプログラムを連携させたテストを行い、最後に、システムテストや運用、耐久試験などが行われる。

2番目の回答はステップ実行ができないということであり、これにより工数がかなり増えること間違いなし。おまけにPDAは、明日別の人に貸すことに。実質2,3日しかテストする期間がないのである。



借用した開発キットにはサンプルプログラムが提供されているのでまずは解析。すべてのコードを解析する必要はなく、音声の部分だけを解析するだけでいい。解析は比較的楽に終わった。

問題はその後である。ここ3日間ぐらい、

1.コード修正
2.PCからPDAへ実行ファイルのコピー
3.テスト

の繰り返しである。普通のプログラムと違い、テストでは喋らなければならない。頭にはヘッドフォン、口にはマイクというまるでサポートセンターの格好をして、PDAに対して「はい」「いいえ」などと喋り続ける。最初の頃は、プログラムのミスでなかなか認識をしてくれず、つい頭にきて「はいだよ!!はい!はいっていってるだろ!!」

そんなやり取りを何日か続け、いうことを聞かなかったプログラムがようやく動くようになった。動くといっても細かいチェックはしていないのでイメージを確認するだけのものだ。この間、周りには(うるさくて)相当迷惑をかけた。

さて、明日PDAを貸しに行くと同時に、このプログラムのデモを行う。

はたして、その結末は...
2005/11/25
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (8:30 am)
最近やたらと打合せが多い。打合せが多いと、実作業の時間がなくなるので、スケジュールは遅れるし、残業が多くなるし、いいことないです。


今週は、火木金、最終は月と今わかっているだけでもこんなにあります。しかも4つの打合せのうち、3つが社外。横浜あり、田町あり、府中と移動だけでかなりの体力、時間を使います。しかも、4つとも別の案件。


本当に、そろそろ限界かも...
2005/11/03
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (8:20 am)
今日会社に行くと部長から「打ち合わせがあるから」ということで
都内の某所に急遽出かけることになった。

そこには、音声認識を研究している大学の教授と大手メーカーの人がいた。
話を聞くと、コンピュータと”声で会話する”デモ用プログラムを作ってほしいということだった。

さらに、このデモ用プログラムは、一般的なPCで動作するのではなく
PDAで動作しなければならない。

こういうとき、いくら話を聞いても実感がわかないので、
こんな感じでというものをPC上で見せてもらうことになった。

メーカーの人が、ヘッドフォンとマイクが一体になったものを頭に装着。
「まず、ここのボタンをクリックして...」
「ビール!、オムレツ!、ソーセージ!...」

あらかじめ登録されているメニューを選ぶと、
それに対応する画像が次々と画面に表示される。

すげー。
音声認識もここまできたのねぇ。

ただ、認識するのは10秒ぐらいまでということ。
さらに、ビール、オムレツ、ソーセージなどは
あらかじめ登録しておかなければならないらしい。
登録していない場合は?もちろん認識できないそうで...


メーカーの人がデモしているときに、
スタートレックの映画のワンシーンを思い出してしまった。
確か、タイムトラベルをして過去の地球に戻ったときに
パソコンを借りて透明アルミの分子構造?を計算するときの台詞。
「ハロー、コンピュータ。」
マウスをマイクと勘違いしてコンピュータに話かけていたが、
あと何年、何十年かするとそういうインターフェースがでてくるに違いない。


で、デモ用プログラムはいつまでに作れば?
2週間でお願いします。->無茶
2005/11/02
カテゴリ: ソフトウエア : 

執筆者: haya1992 (8:20 am)
11月になってしまった。
11月は誕生月で18日で40歳になる。

人生80年としてちょうど半分。
定年まであと25年。
借金返済まで、ん、何年だったろう。

自分の仕事は一応SEだけど、
こんな仕事、定年までの25年はとてもできそうもないなぁ。


郵政民営化で、自分よりも上の年代のSE,PGの人材が足らないらしい。
自分より上の年代は人手不足。
自分より下の年代は転職も有利。

自分の年代は、ちょうどその中間。
新しいことにチャレンジしようと思っても
家庭があり、なかなか冒険ができない。


こんなことを最近思いつつ、もうすぐ40歳を迎える。

ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワードを紛失したら

登録する
«  «  2017 9月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のトラックバック
せたっぴのおうち
大宮アルディージャ
ジャクパ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
フィールアットイーズ
18 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

e-mail はこちら Copyright (C) 2005-. Haya1992.net All rights reserved.