ブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
仕事(38)
(5)
全般(153)
DCC(0)
野球(13)


最新エントリ
2006/09/21
カテゴリ: 鉄分 : レイアウト台枠 : 

執筆者: haya1992 (10:00 pm)

こんばんは。

ようやく大工工事完了です。
あとは、ちょっとした工事が発生するでしょうが、今回の工事に比べれば、たいしたことはないと思います。

夜の9時ぐらいからはじめて2時間ほどかかりました。
夜遅いので、窓やドアは閉めて音が漏れないように作業しました。

のこぎりは、静かに引いてなるべく音を立てないようにしたため切断するのに結構時間がかかってしまいました。

今回、金槌で釘を打つ必要があったのですが、さすがに音が響くため、どうしようか考えていたら、よい案が浮かびました。

写真には、実際に打ち込む釘と、釘より2回りほど細いピンバイスが写っていますが、このピンバイスでベニヤ板に穴を開けて、そこに釘を差し込み、上から木片ごと押し込みます。少し力が必要ですが、音もなく、釘を打ち込む(差し込む)ことができます。

1*4材って比較的柔らかいのでしょうか。
2006/09/18
カテゴリ: 鉄分 : レイアウト台枠 : 

執筆者: haya1992 (9:50 pm)

こんばんは。

今日は、台風の影響で子供のサッカー大会が中止になったので、急遽、台枠の組み立ての続きを午前中から行いました。

組み立てるためには、今ある机やPCなどを一時的に移動し、作業スペースを確保してからの作業になります。ある程度の時間があったので、何とか写真の通りまで組み立てることができました。

また、今日は、台風の影響で風が強く、涼しかったにもかかわらず汗ダクダク。風がなかったら、どうなっていたことやら。体重計ってみるのが非常に楽しみです。

今後は、もうちょっと、大工作業とレイアウト上の整理(またか)を行ってから、ようやく線路の敷設工事に取り掛かれると思いますが、どうなることやら。

レイアウト台枠工事費、およそ1万円ぐらい(かな)。
2006/09/17
カテゴリ: 鉄分 : レイアウト台枠 : 

執筆者: haya1992 (9:50 pm)
こんばんは。
何とかこの3連休で台枠だけでもと思っていましたが、なかなか作業がはかどりません。

レイアウトの面の部分は、両端の台形部分を除き、ほぼ終了。台形部分は、寸法取りをするのに台枠を立ち上げてからのほうがやりやすいと思い、昨日に続きDIY店に行って、台枠を支える足とそれを補助する板を購入してきました。

で、作業をしようとしたんだけど、何せ、今回の大工作業で部屋が散らかってしまい、思うように作業スペースが確保できません。

また、木の切り屑も散乱しているため、部屋の整理、掃除と、今ある机をばらして子供部屋へ移動したりする必要が出てきてしまいました。まあ、この作業はいずれしなければならなかったのですが...


明日は、子供のサッカーの公式戦なので、実作業が見込めません。なので、明日は、部屋の整理かな?
2006/09/16
カテゴリ: 鉄分 : レイアウト台枠 : 

執筆者: haya1992 (9:50 pm)

こんばんは。

今日は、近くのDIYへベニヤ板を買いに行って、ついでに切断してもらいました。

こんな感じで、切断してもらった板を貼り付けています。

実際に貼り付けていると、釘を打つスペースを考慮していなかったりして、後戻りの作業がいくつか発生してしまいました。

ベニヤ板は、大体の寸法で切断してもらったので、釘を打つだけなのですが、何せ、作業を開始したのが、夜8時過ぎ...

釘を打つ音が近所に響くので、9時には作業中断です。

この続きはまた明日。
2006/09/13
カテゴリ: 鉄分 : レイアウト台枠 : 

執筆者: haya1992 (9:40 pm)




こんばんは。

今日は、レイアウト台枠の組み立てをしています。

組み立ては電動のドライバを使って、約3mmのねじを楽に締めていきます。このねじは長さ5cmで、ねじ山がないところが1cmちょっとあります。このねじ山がないところがポイントで、この部分がないと、板と板がぴったりくっつきません。

板の厚さが2cm弱、ねじ山なしの部分が約1cm。その差1cmになります。この1cm分、ねじを深く締め込まないと板と板の間に隙間ができてしまうので、板に直径1cmの穴をドリルを使って開けておきます。こうすることで、板の厚さとねじ山なしの部分が同じ長さになり、板がぴったりとつくことになりますし、強度もあがります。

穴が開いたところは、太さ1cmの丸棒の木を埋め込んで、見た目をかっこよくしようと思っていますが、これについては、次回にしたいと思います。

何本かねじを締めたら、電動ドライバのバッテリがなくなってしまいました。かなりパワーを使っているようです。
2006/09/12
カテゴリ: 鉄分 : レイアウト台枠 : 

執筆者: haya1992 (9:40 pm)
こんばんは。

前回、切断は終了と書きましたが、レイアウト台枠をよくみると、木材の幅を10mmほど細くしなければならないところを数箇所発見してしまいました。(ーー;)

なので、昨日から少しずつ切断していたのですが、何分、比較的細い板を縦に、しかもまっすぐ切断しなければばらず、結構苦労しました。

おかげで、腕とお腹が筋肉痛です。(体力ありません)

最近、涼しくなりましたが、それでも汗ダラダラ。雨が降っていたので、仕方なく部屋でギコギコ切断してましたが、耐えられず、エアコンの温度を16度にしてようやく作業終了です。(今も16度ですが、少し寒い)

実際はあと、30cmほどの長さで4本切断しなければなりませんが、これは組み立て時に現物合わせで切断することにしました。


さて、この筋肉痛、いつ治るのでしょうか?
2006/09/10
カテゴリ: 鉄分 : レイアウト台枠 : 

執筆者: haya1992 (9:40 pm)





こんばんは。

今週末も朝から子供のサッカーでなかなか時間が取れません。
今日は練習試合で、朝8:30から15:00まで時間をとられてしまいました。

買い物などで結局レイアウトの台枠のために作業を開始したのは16時からとなりました。

レイアウトを印刷しておいて、そこに材木をどのように組み込むか考え、サイズを出し、実際にのこぎりで切断していくことになります。

今までの経験から、この切断作業は、非常に出来が悪く切断面を見るとまっすぐに切ることは難しいです。

男の人なら、のこぎりを使った経験があることと思いますが、大工でもない一般人は、たいていまっすぐ切ることができないと思います。
ところが、イメージにもあるように、このソーガイドというものを使うと素人の一般人でもある程度まっすぐに切断することができるようになるのです。
イメージでは分かりづらいかも知れませんが、この円盤みたいのが二重になっていて、その間にのこぎりを差し込み、押したり引いたりして材木を切断していきます。注意するのはこのソーガイドが動かないことと慌てずゆっくり切断するだけです。この2枚の円盤のおかげで、必ずのこぎりが垂直にあたり、誰でも木材をまっすぐに切断することができます。

今回は、このソーガイドのおかげで、切断面もまっすぐです。
ソーガイドの値段は、http://vicdiy.com/ で購入し2000円しませんでした。(お買い得)

今日は、時間の都合で材木を切断するところまでしか、進みませんでしたが、次回は切断した木材をねじ止めするために電動ドリルドライバを使って、楽をして接合する予定です。
2006/09/09
カテゴリ: 鉄分 : レイアウト台枠 : 

執筆者: haya1992 (9:30 pm)

こんばんは。

週末は、子供のサッカーに付き合うため、なかなかレイアウト製作に時間がとれません。
でも、今日は練習が終わった後、近くのDIYセンターに行って、1×4材を購入してきました。

1×4材は、長さ1820、幅89、厚さ19でレイアウトの枠には丁度よいサイズの木材ですね。値段も手ごろで、5本セットで800円です。(税込)ちょっと前までは900円ぐらいだったので、よいときに購入しました。



レイアウトのサイズを考慮するととても5本では足りず、10本の計2セットを購入しました。

子供と一緒に買いに行ったのですが、「これ車に入るの?」と聞かれ事前に車のスペースを測っていったにもかかわらず、2セットなので、ちょっと心配になりました。が無事入りました。


さて、これから部屋を片付けて、ちょっとずつ組み立てを始めることにしようかと思います

ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワードを紛失したら

登録する
«  «  2017 5月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最近のトラックバック
せたっぴのおうち
大宮アルディージャ
ジャクパ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
フィールアットイーズ
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

e-mail はこちら Copyright (C) 2005-. Haya1992.net All rights reserved.