林家のホームページ

残り2分

投稿日時 2009-1-13 21:19:38
執筆者 haya1992
11、12日は、息子の小学校時代の最後の公式戦。もちろん気合が入ってましたが、いかんせん膝の調子が悪く、本来の調子からは程遠く見ているのがとても辛いです。走るのも痛そうだしボールも蹴れなくなってしまいました。

息子のチームは勝ち続け、今現在ベスト4。あと2つ勝てればさいたま市北部の一番上。最後の大会なので息子云々ではなく優勝してもらいたいです。

さて、サッカーの大会では父兄が審判をやることが多く、今回も例外ではありません。さすがに準決勝以降は、北部の審判部がやってくれるのですが、1回戦から3回戦までは父兄がやることになってます。


自分も3回戦の審判をやることになりましたが、コイントスで第4審判をやることになりました。第4審判は、スコアの記録や選手交代などを担当しますが、まさか第4審判なんて思っても見なかったので、眼鏡を用意してませんでした。ゴールを決めた選手の背番号、遠くからだとよく見えなし、混戦のなかのゴールは本当に判断しずらいです。まぁ、試合終了後に主審に確認すればOKなんですが。


この大会、卒団大会ということもあり、6年生中心と思いきや、5年生とか出しているチームもあれば、もともとそのチームではない子が出ていたりするんですよね。まぁそれは、それぞれの団の方針があるんでしょうから、口を出すことはご法度。

でも、こんなことを耳にしたらちょっと考えさせられました。それは、第4審判をやっていて、後半残り2分での出来事。

ベンチから、子供がやってきて「XX番と交代です。」と。その子はその後、「あと何分ですか?」と私に聞きました。

たった2分、果たしてボールを触ることができるか...

思わず

「残り2分、頑張れよ!」と。

前半で大差がついていたので、後半からでも出してあげればいいのにと思いましたよ。

(口を出すことはご法度といいながら、口じゃなくて文章だから、まぁいいっか)



さてさて、25日は準決勝、決勝と祝勝会(笑)が待ってます。




林家のホームページにて更に多くのブログを読むことができます。
http://haya1992.net

このブログのURL
http://haya1992.net/modules/weblog/details.php?blog_id=502